米国人「日本は米国に勝てるとでも思ったのかしら( ´・∀・)(・∀・` )」【海外の反応】

yamato

何故日本は絶対に勝ち目のない戦争をアメリカと始めたんだろう?

・工業力やマンパワーに於いて、日本は全く勝ち目はなかったらしいね。例えば山本五十六とか高官達は恐ろしいことに
アメリカを負かすことができると信じていたようだけど。真珠湾攻撃はどう考えても馬鹿げた行為だったよ。

・日本人は真珠湾での神風を信じていたのかな?戦争中、ずっと勝利を信じて戦っていたのは不可解だよ。

・当時、アメリカと日本の緊張はかなり高まっていたからね。どちらが先に仕掛けるかの状況だったんだ。

・実際、ウィリアム・ミッチェルは戦争が始まるだいぶ前に予測していたらしい。

真珠湾の背景について我々は詳しくは習っていないけれど、日本は眠れる巨人だと教えられたよ。

・日本は南太平洋の島から石油の保有を確実にするために太平洋を支配にしたかったんだ。
真珠湾を標的にしたのはアメリカの太平洋海軍をつぶすためだったんだ。

・それにしても当時の米国の工業力を知っていたはずなのに何故米国の太平洋海軍を麻痺させることができると思ったんだ?
堀越二郎氏の言葉:「我々の多くは米国の強大な工業力を理解し、戦争に勝てると思っていなかった」

・日本人が犯した間違いは攻撃の際に空母は真珠湾にいなくて、打撃を与えることができなかったということ。

・当時米国は5年間に40の航空母艦を作っていて、日本もそのことを知っていたはずだけどね。

・日本はアメリカと戦争をするつもりでも、勝とうと思っていたわけでもないんだ。
彼らは中国の支配を続けたいために、米軍が太平洋からいなくなって欲しかっただけなんだ。

・アメリカ政府は真珠湾に何が起こるか前もってわかっていたけれど、何もしなかった。

・日本は広島の原爆投下の前に条件つき降伏に同意していたんだけど、アメリカは無条件降伏を
求め、それに成功した。

・まっとうな降伏の示唆があったというのに日本への原爆投下を止めなかったって?

・日本は降伏するつもりはなかった。彼らはロシアとの停戦の話合いを始めていたがアメリカとではないし
無条件降伏も考えていなかったよ。

・↑いや違う。日本は間違いなく降伏する立ち位置だったと考えられているよ

https://www.reddit.com/r/explainlikeimfive/comments/5if2b7/eli5_why_did_japan_start_a_war_with_america_if_it/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はべのん より:

    一回戦争しちゃうと勝つまで止めらんないのよね
    失われたお金やら人命やらへの言い訳がつかないから

  2. はべのん より:

    袋小路の入って選択肢が無いってパターン

  3. はべのん より:

    あの状況で戦う以外の選択肢あったの?
    だまってても

  4. はべのん より:

    あの状況になればどんなヘタレでも戦争を選ぶだろ…
    と、製造業のしがないブルーワーカーは思うのであった

  5. はべのん より:

    済んだ事よ。気にすんな。前世紀の話じゃねーか

  6. はべのん より:

    ABCD包囲網(禁油)、最後まで中国からの撤退を要求したハルノートが日本に開戦を決断させた大きな要因ではあるけど、そうなった途中過程まで考慮しないと、偏った歴史観になるよ。
    『1931年(昭和6年)9月18日の満洲事変の発生で、国際連盟は中華民国の提訴と日本の提案により、日中間の紛争に対し介入を開始し、リットン調査団を派遣した。リットン調査団の報告を受け、日本軍による満州での侵略行為が認定され、1933年(昭和8年)2月24日の国際連盟総会では「中日紛争に関する国際連盟特別総会報告書」(日本軍の満州からの撤退勧告案)が、賛成42票、反対1票(日本)、棄権1票(シャム=現タイ王国)、投票不参加1国(チリ)で採択された。この結果を受け、1933年(昭和8)3月27日、日本は正式に国際連盟から脱退。中華民国は日本に対する経済制裁適用を要求したが、対日経済制裁には、当時最大の対日輸出国であったアメリカ合衆国が、即時制裁には反対であると表明し、当時の中華民国の要求は黙殺された。
    しかし、1937年(昭和12年)7月7日、盧溝橋事件が勃発し、日中間が全面戦争に入ると、中国の提訴を受けた国際連盟総会では、同年9月28日に中国の都市に対する無差別爆撃、満州侵略に対する、23ヶ国諮問委員会の対日非難決議案が全会一致で可決された。1938年(昭和13年)9月30日の理事会では、日本軍が今後も満州から撤退しない場合、加盟国の個別の判断による規約第16条(輸出規制)適用が可能なことが確認され、主要な国際連盟加盟国による対日経済制裁(いわゆるABCD包囲網)が開始された。 』
    日本史Bの教科書に書いてある内容だけど、こういう日本に都合の悪い部分だけ、すっぽり頭から消え去ってる人って意外に多いよね・・・もちろん、日本だけが悪かったわけではないが。

  7. はべのん より:

    今、「ハワイ王国における米国の主権を認めない。年内に米国はハワイから撤退しろ、さもなければ敵対行為と見做し攻撃する」って言われてアメリカは黙って撤退するのかよw
    自分たちが日本に対してそれをやったって事くらいも知らないんでしょ?

  8. はべのん より:

    日本を追い込んで戦争させたのはアメリカ

  9. はべのん より:

    だって、戦争しなかったら白人列強の植民地か海外の日本の財産没収&中国からの即刻退去&ドイツ、イタリアとの一方的な同盟破棄を迫られてたんだけど。
    アメリカのハルノートという、暴君極まった契約書を押し付けてきて正義面されても。

  10. はべのん より:

    貴方達のなすことを見れば、白人、とくにアングロサクソン(アメリカとイギリスの主な民族)が世界の利益を独占しようとして、有色人種をその野望実現のための奴隷として扱おうとし、この為に邪な政策をとり有色人種を欺き、所謂悪意の善政を行うことで彼らを喪心無力化しようとしている。
    近世に至り日本国が貴方達の野望に抗し有色人種、特に東洋民族を貴方達の束縛より解放しようと試みたところ、貴方達は少しも日本の真意を理解しようと努めることなくただ貴方達に有害な存在となし、かつて友邦とみなしていたにも関わらず仇敵野蛮人であるとし、公然として日本人種の絶滅を叫ぶに至った。?これは決して神意にかなうものではないだろう。と市丸少将が非難してたよね。

  11. はべのん より:

    ※6
    問題はなぜ日本だけそれが問題になったかってことだろバーカ、他の国は散々先住民ぶち殺して土地奪ってるくせに、なぜかそんな国共が満州侵略した日本に制裁加えるとかいってんだよ、おまえらが過去にやったことだろうに、理屈が通ってねぇよ

  12. はべのん より:

    負けるとわかっていても奴隷になるくらいなら戦って死んだほうがマシだ

  13. はべのん より:

    勝つから戦うやつばかりじゃないってことを世界の人にとに分かって欲しいな。
    言い換えると、負けるとわかっていても戦わなくちゃならない時があるって事を。
    これは日本民族だけの思考なのか??

  14. はべのん より:

    日本海軍市丸海軍少将が 「フランクリン ・ルーズベルト」 君に書を宛てる。
    私は今、我が戦いを終えるに当たり一言貴方に告げることがある。
    日本国が 「ペルリー(ペリー)」提督の下田入港を機とし、広く世界と国交を結ぶようになった時より約百年の間、国の歩みは困難を極め、自ら欲しないにも関わらず日清戦争、日露戦争、第一次欧州大戦(第一次世界大戦)、満州事変、支那事変を経て、不幸にも貴国と交戦することになった。 そして貴方は我々を、あるいは好戦的国民であるとし、あるいは黄禍論を用い貶め、あるいは軍閥の独断専行であるとする。
    思いよらぬもの甚だしいと言わざるを得ない。 貴方は真珠湾攻撃の不意打ちを理由に対日戦争(大東亜戦争) 唯一の宣伝資料とするが、そもそもにおいて日本国が自滅を免れるためこの行動に出る他ないという程の窮地にまで追い詰めたような諸種の情勢というのは、貴方の最も熟知するものであると思う。
    畏れ多くも日本天皇は皇祖皇宗建国の大詔に明らかなように、養成(正義)、重暉(明智)、積慶(仁慈)を三鋼(秩序)とする八紘一宇(天下を一つの屋根の下に)の文字によって表される皇謨に基づき、地球上のあらゆる人間はその分に従い、その郷土においてその生を生まれながらに持たせ、それによって恒久的平和の確立を唯一の念願になさったのに他ならない。
    大東亜戦争によって所謂(いわゆる)大東亜共栄圏が成立し、所在する各民族はわれらの善政を謳歌しているから、貴方達がこれを破壊することが無ければ、全世界にわたる恒久的平和の招来は決して遠くは無いだろう。 貴方達はすでに成した。 十分な繁栄にも満足することはなく数百年来にわたるあなた方の搾取から免れようとするこれらの憐れむべき人類の希望の芽をどうして若葉のうちに摘み取ろうとするのか。?
    ただ東洋のものを東洋に返すに過ぎないではないか。?

  15. はべのん より:

    ※8
    ドイツと同盟結んだり、仏印進駐したりしたのは日本。
    どっちもどっちなんだよ。

  16. はべのん より:

    私は、にわか知識を自覚してるが
    外人どもは酷いもんだねこれ・・(;´д`)

  17. はべのん より:

    ※5
    アメリカに関してはすんだことではないよ
    いまだにいろんな国に戦争しかけてあっちこっちで捕虜虐待してる
    米軍の兵士は10年前のイラクでも子供たちの捕虜を100人以上レイ●してたんだよ
    赤十字によってその事実が確認されてる
    アメリカにとっては戦争犯罪は過去の犯罪ではない
    米軍はいまだにそんなことしてる

  18. はべのん より:

    ※6
    あなたは、当時の国際情勢や価値観、日本が大陸へ進出した背景、欧米諸国の思惑などがすっぽり頭から消え去ってるよね・・・
    あなたが書きだしたのはただの事実経過。
    ”木を見て森を見ず”ではあの戦争の本当の意味を理解できないよ?

  19. はべのん より:

    中国やらなんやらでルール無用やって石油断たれて勝ち目の無い戦いに頭から突っ込む
    ルール無用やっちまったから石油断たれて追い詰められても文句が言えない
    相当ヤバいな当時の日本軍部やらなんやら

  20. はべのん より:

    思ってねーよwww
    アメリカとは戦争前まで交流が盛んだったし、そこそこ仲良かったんだぞ。欧米列強の強さも豊かさも骨身に染みて知ってたわw
    それに、開戦前の会議室に掲げられた海軍のスローガンが「総員玉砕覚悟」って言うじゃねーか。昭和天皇がソレ見て、いやいやいや玉砕しちゃダメでしょ。落ち着いてってなったっていう話w
    何もせずに侵略されるよりは、戦う道を選んだってだけ。
    何もせずに侵略させたら、恥だと思ったのかな?現代の私でも思うから、きっとそうだろうな。

  21. はべのん より:

    戦前日本の武士道は綺麗過ぎた。悪の全てを日本やドイツに押し付けただけ!アメリカの大恐慌や中国内戦なければ無かったかもしれない戦い。

  22. はべのん より:

    日本の悪事は過去のことでしょ
    アメリカの悪事は現代のことだよ
    その違いは大きい

  23. はべのん より:

    ※11
    欧米が先住民殺して植民地奪い合い合戦やってた時代なら、日本が満州侵略しようが誰も何も言わなかっただろうが、国連創設して、もう過去のような野蛮な侵略は国際的にやめましょう、となってる時期だったから、時代が悪かった
    ちょうど今、中国が環境汚染しまくって、先進各国から非難囂々だけど、中国は「お前ら先進国だって昔は環境汚染しまくってただろ。文句言うな。」と開き直ってはいるが、もちろんそんな言い分は通らない。それと同じ。

  24. はべのん より:

    *6
    あなたの知識も間違ってますよ。
    リットン調査団は日本の侵略とは断定してない。
    曖昧な結論に終始している。
    自虐史観教科書を信じてはダメです。
    近隣諸国条項って知ってますか?
    調べて下さい。
    歴史戦で負けてるんです。

  25. はべのん より:

    そもそも欧米がアジアのほとんどを植民地にして、アメリカは違法にハワイまで併合した
    日本は列強と同じ船に乗らなければ、ほかのアジアみたいに欧米の奴隷になるだけだった

  26. はべのん より:

    *24
    外務省のホームページより
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/qa/senzen_03.html
    リットン調査団の報告書はありますか。
    Answer
    満州事変に関する現地調査委員会である「リットン調査団」が作成した、いわゆる「リットン報告書」は外務省記録「満州事変(支那兵ノ満鉄柳条溝爆破ニ因ル日、支軍衝突関係) 善後措置関係 国際連盟支那調査員関係 報告書関係(日、支両国意見書ヲ含ム)」に収められています。また、報告書の全文が『日本外交文書 満州事変(別巻)』に採録されています。
    1931年(昭和6年)9月18日の柳条湖事件勃発以降、錦州爆撃、北部満州のチチハル占領など、関東軍による軍事行動拡大が続くなか、中国からの正式提訴を受けた国際連盟は、「両国間ノ紛争ノ現存原因ノ終局的解決ヲ容易ナラシムル」ため、5名からなる調査委員会を派遣することを決定しました。英国のリットン伯爵のほか、米国、フランス、ドイツ、イタリアの5カ国から選出された調査委員は、翌1932年(昭和7年)2月から日本と中国を訪問して調査を行いました。
    こうした視察調査をへて、リットンらは同年9月4日に調査結果の報告書をまとめ、10月1日には日中両国などに通達しました。報告書はまず、満州をめぐる日中間の諸問題など歴史的背景と事変勃発前後の経緯について、日本軍の行動は、「合法ナル自衛ノ措置ト認ムルコトヲ得ズ」とし、また「満洲国」は日本軍の存在と日本の文武官憲の活動がなければ成立しなかったと論じています。

  27. はべのん より:

    日本国内の権力分散。そして軍の暴走、世界情勢の見誤りが原因
    政府の考えと軍の考えがまるでちがったドイツに無闇に近づきたくなかった政府連盟脱退したくなかった政府これ以上満州で事を荒立てたくなかった政府の逆を軍がしていった
    日中戦争になる前から世界の考え方の変化に気づけていれば戦争を回避出来た満州を手放してたらどうなったのか知る由もない
    俺は連盟脱退もないだろうし同盟国側と上手くやっていけたと思うけどね
    ちょうど侵略に対しての考え方の過渡期だったと思うイギリスだった大戦後は植民地減らしてったしね
    まあ負けると分かってた戦争を始めたのは誤った選択だと思うよこれは確か

  28. はべのん より:

    後出しで良いなら好き勝手言えるわ
    随時軍国主義の腐れアメリカが何言ってんだか

  29. レイシス・ト より:

    中国国民党と中国共産党の内戦による難民を満州で受け入れ守ってたのはどこの軍だよwww
    満州守る日本軍がいなくなった後に何十万人の日本人がソ連に拉致されて死んだよ
    日本降伏後、再開された中国共産党と中国国民党の内戦で死んだ中国人と満州人の数は?
    満州で国民党軍が籠城戦して市民を飢え死にした後に、まるまる太った国民党軍が降伏だぞwww
    この二つの狂った軍隊に武器を与えてる経路を日本軍が国連常任理事国のPKO活動の為に封鎖したのがフランス領インド進駐だろ
    日本軍の仕事は今の在日米軍とどう違うのかと
    移民排斥法と外国人土地取得禁止と日本国籍剥奪と全部やりたいよな
    そういえば最近、欧州で難民が無法してるが、中国の日本租界地はもっと酷かったそうだぞ
    ロシアとの国境の日本領事館みたいなとこも白い民兵と中国人と朝鮮人に襲撃されて、同じ人だからと無抵抗を選んだらなぶり殺しで、無抵抗命令した軍人自害だぞwww
    いいかげんにしろよ
    アンブロークンの軍人は生きてたのに、アメリカの沖縄収容所で数千人が死ぬのは問題でないのか
    サンフランシスコ条約で連合軍によるあれやこれは不問にしたからいいんだよな
    羨ましい、ああ羨ましいなあ

  30. はべのん より:

    開戦前からアメリカがせっせと収容所を作ったり、太平洋に航空基地を整備したり、建造ドックを作って戦争準備をしていたことは「丸見えで」判ってたことで、小笠原の領空侵犯を繰り返したり挑発行為も続いていて、日本は1943年前半にそれらが完了すると見ていたので、それまでにアメリカを交渉テーブルに着ける為に逆算して、軍部は1941年9月を(武力無しでの)交渉期限としていたのを、これを東条が11月末日まで延長した
    何もしてなかったのにいきなり攻撃されたと思ってるから理解出来ないんよ
    アメリカはマッカーサーが戦後国会答弁した通り、緒戦で日本に負けることは想定の範囲内で、物量戦では絶対に負けない自信があったので、端から緒戦の劣勢など気にせず最後まで追い詰めるつもりだったので、それでもアメリカの戦争に対する姿勢への日本の認識が甘かったってこと

  31. はべのん より:

    アメリカの大衆って馬鹿ばっかりだもんな

  32. はべのん より:

    *26
    外務省から引っ張り出してますが
    その時点で歴史に対する見識を疑います。外務省は歴史研究機関ですか?
    まあいいです。
    リットンをよく読めば、満州国の独立は確かに認めてないけれども、一方で中国本土と満州は別だということを認めている。
    「本紛争に包含せらるる諸問題は極度に複雑である。一切の事実とその史的背景に関する徹底した知識ある者のみが、事態に関する確定的意見を表示しうる資格がある」
    要は、満州の歴史的背景を見れば
    非常に特殊でこれは判断しづらいと言ってる。
    しかも当時中国は国家の体をなしてるとは言えず、国連の委任統治という形で日本に統治させるという条件も掲示しているくらいです。
    全く現在言われ続けてるような日本悪のものなんかじゃない。
    あなたがそうとは言いませんが、外務省の見解を根拠にされてる風潮自体が歴史戦に負けてるんです。

  33. はべのん より:

    *32
    では、その報告書を受けて、
    >1933年(昭和8年)2月24日の国際連盟総会では「中日紛争に関する国際連盟特別総会報告書」(日本軍の満州からの撤退勧告案)が、賛成42票、反対1票(日本)、棄権1票(シャム=現タイ王国)、投票不参加1国(チリ)で採択された。この結果を受け、1933年(昭和8)3月27日、日本は正式に国際連盟から脱退
    このような経緯になった理由は何であるとあなたは考えているのですか?

  34. はべのん より:

    真珠湾で時間稼ぎ、ミッドウェーで勝ち、次の艦隊を揃えてるスキに陽動しながら潜水空母からの生物兵器等で脅して停戦に持ち込む、その後共栄圏を固め手出しできなくする!ってプランだったんでしょ?

  35. はべのん より:

    日本も核持たなきゃ絶対駄目だわ。 無条件降伏するまで停戦の交渉にも付けない。
    次の相手は中国だぞ、南シナ海ルートを封鎖して当時のアメリカと似たような準備してる。
    1度経験したはずなのに、未だに核持ってないなんて馬鹿すぎるだろ。1秒でも早く核持て。

  36. はべのん より:

    日露戦争すらあんな結末予想できねーよ

  37. はべのん より:

    歴史上の年次事実のみの羅列はそれだけでは意味が無いって。そこに至った各国の思惑がどうだったかが重要なんでしょう。はっきり言ってアメリカイギリス及び欧州の中国大陸での利権拡大この一点、柿も青いうちは云々で馬賊追い出し投資可能になったから言って
    来た。奴らの上等手段で何もしないくせに権利はよこせとw
    白人様が自ら作った国際連盟とかw白人様が世界支配したかっただけですやん。

  38. はべのん より:

    あの大戦の大元は1919年のパリ講和での人種差別撤廃条約関連から始まっている。

  39. はべのん より:

    アメリカに原爆早く落とされないかなーワクワク

  40. はべのん より:

    勝ち目なんて無かったよ
    でも戦わんといけん状況だったんだ

  41. はべのん より:

    *33
    多数決で歴史事実は決まるのでしょうか?その決議は所詮政治です。
    リットン報告書は実質中国に華を持たせて実利は日本に与えるという内容です。決して日本の侵略を決めつける内容ではありません。
    これを結果論で言えば日本は受け入れるべきでした。
    しかし国内世論は「満州撤退」という言葉に踊らされ、これを受け入れる事を完全拒否したわけです。
    その結果としてのご指摘の連盟の決議です。
    ここの外交的失敗は日本が反省する必要があります。
    しかし事情は上述の通りですが、
    満州が侵略だのという話とは別です。
    歴史的事実は決して日本悪ではありません。

  42. はべのん より:

    考えられないレベルの最上の結果でも、ミッドウェーで制海権と制空権を取った後に講和に持ち込むってところだろう
    戦争なんて、常に勝てると思ってするわけじゃない

  43. はべのん より:

    まあ日本は稚拙だったとしか言いようが無い

  44. はべのん より:

    てかこんな絶対負ける相手と戦うしか無いような状況に追い込まれた当時の日本が白痴すぎ
    アメリカやソ連を天使だとでも思ってたのかと

  45. はべのん より:

    天皇を処罰しないこと、天皇制の維持だけが、原爆投下前の日本政府が出した降伏条件。
    アメリカはその条件を受け入れず、原爆を投下した。
    不思議なことに、終戦後GHQは天皇の処罰を見送り、天皇制の維持も認めた。
    この事実が、アメリカが主張する原爆投下の正当性や、目的に疑問符を投げ掛けた。

  46. はべのん より:

    戦争には負けたけど、白人の弱体化には成功したよね。
    アジアの全ての植民地が開放されたわけだし

  47. はべのん より:

    米31
    馬鹿なのは別にいいが、問題は間違った知識を堂々と披露して間違いを認めないことだ。

  48. はべのん より:

    著作名は「私の中の日本軍」だったか「一下級将校の見た日本陸軍」だったか忘れてしまったけど
    山本七平も不思議に思い、旧陸軍兵士のいろんな人に質問して回った。
    なぜ勝てない戦争を始めたのか?
    すると物量以外の要素があると考えていたんだという答えが多かったらしい
    つまり精神力とか戦術とか戦闘能力とかいうプラスアルファが戦争にはある
    だから多少不利でも戦争を始めるんだと
    それに実際アメリカ軍は見るからに弱そうだった
    それは彼らの姿が丸見えだったからだ
    中国兵達は姿を見せずに至る所から狙撃してくる
    それを見つけて仕留めるのは至難の業だった
    でもアメリカ軍は道の真ん中を堂々と進んでくる
    これなら勝てると思って攻撃するがどういうわけか全く歯が立たない
    それが武器兵器の力の差だった

  49. はべのん より:

    本当に勝てると思ってたら防空壕なんて掘ってないでしょ。
    あれは制空権を失って空爆を受けるのが前提だもの。しかも市街地をやられることを想定してる。これは、日本の立地からすればもう逃げ場のない一方的にやられる状態になることが前提だと思うんだ。
    ただ、無抵抗に降るのではなく少しでも抵抗の意思を見せて落とし処を見つけたかっただけ。まあ、アメリカがそれを許さなかっただけだね。
    ついでに、「言ったからには実行あるのみ」と言う覚悟の上での戦いだったから、日本にとってはもう日本が勝つというより東南アジアの独立に邁進して、そこに活路を見いだしたかったんじゃないかね。

  50. はべのん より:

    私たち日本人はそれぞれ階級を持ち、また各種の職業に従事するけれども、結局はその職を通じ皇謨、つまりは天業(天皇の事業)を翼賛(補佐)しようとするのに他ならない。
    我ら軍人は交戦を以て天業を広めることを承るに他ならない。
    我らは今、物量に頼った貴方の空軍の爆撃、艦隊の射撃の下、外形的に後ろへ退くもやむなきに至っているが、精神的にはついに豊かになり、心地ますます明朗になり、歓喜を抑えることができなくもある。
    この天業翼賛の信念が燃えるのは、日本国民共通の心理であるが、貴方やチャーチル君は理解に苦しむところであろう。
    現代日本人には理解出来ないけど、それでも使命の為に戦ってんだよ。

  51. はべのん より:

    なんでバカ害人ってこんな有名な事まで知ったかぶって嘘ほざくんだろうなw
    >例えば山本五十六とか高官達は恐ろしいことに アメリカを負かすことができると信じていたようだけど
    は?w
    山本五十六はアメリカ留学も経験してて、日本がアメリカと戦争になったら絶対勝てない事も知ってたし、それをキチンと述べてるよ。その上で「勝てないながらも数ヶ月は戦って見せるんで、その後すぐに講和をしてくれ」と言ってたんだが?
    まじで反吐が出るわ>バカ毛唐の知ったか

  52. はべのん より:

    日本が無謀な中国進出を図り、そして国際社会から制止されても止めようとしなかったせいだな。
    しかも真珠湾で宣戦布告なしのだまし討ちし掛けるとか救いようの無い愚かさだったよ。

  53. はべのん より:

    ※52
    欧州列強はみんな無謀なシナ進出してたんだけど、どう評価してるの?w
    大東亜戦争は、シナと言う巨大な肉塊を、欧州の列強と日本で分け合ってるのを見て、焦ったアメリカが俺にも分け前よこせ、と言い寄ったが相手にされなかったため、組し易い黄色いサル=日本をたたき出してその後釜に座ろうとしたのが彫ったんだよ、バカ。

  54. はべのん より:

    キチガイじみたまとめがふえたなぁ
    それだけ日米が前に進むのがこまるのだろうけどね

  55. はべのん より:

    ※52
    おいおい
    貿易しましょうといって不平等貿易で大陸を衰退させて
    逆切れでアヘンバラまいて国がたがたにしながら植民地にしたイギリスがなんだって?w
    ちなみにアホの中国共産党の犬はしらないようだけど
    中国共産党日本は戦争してないよ?www

  56. はべのん より:

    ※55
    世界最悪の大虐殺王=毛沢東は戦後「いやぁ、日本軍のおかげで我々共産党軍がシナ全土を支配できたんですわwwwありがとちゃーんwwww」と言ったくらいだからなw

  57. はべのん より:

    他の国からしたら同じ人間だからどうせこんな考えだろうこんな考えするはずないという決め付けから歴史が変わってくる
    メリットデメリットだけで考えないだから外交も下手
    好きなように日本が悪者にされてたかられて

  58. はべのん より:

    根底にあったのは白人が持つ黄色人種への人種差別だよ

  59. はべのん より:

    一部の狂犬的で無能な勢力が権力を持つと恐ろしいね
    結果は国民の多くの命が犠牲となった
    あの時代は拒否することも許されない時代…

  60. はべのん より:

    講和に持ち込むためにユダヤ人団体にお願いしてアメリカで反戦工作や親日工作をしてもらってたんだが
    当時の反日世論があまりにも強くて失敗に終わった
    どうも当時の日本人はユダヤ人が2種類いるってことを知らなかったらしい

  61. はべのん より:

    当のアメリカ人でさえ、この程度の認識。
    歴史は繰り返すかもなこりゃ。

  62. はべのん より:

    英語で言ってやれよ

  63. はべのん より:

    短期決戦で挑んだけど長引いちゃった
    だから前半は勝ってた

  64. はべのん より:

    兵士を送り出す期待も相当なものだったでしょう。一日二食食べられればまし、まともな米も無しで芋ばかり。子供達は皆栄養失調の状態でも御国を護る兵士のために我慢し尽くした。何も為さずに帰還するのは死ぬより恥だと考えられてた極限状態だったろう。もう後には引けず戦わなくてはならなかったんだね。

  65. はべのん より:

    自分達がサタン(の所業)ってまだ気付いて無いみたいだな

  66. はべのん より:

    馬鹿外人しかいなくてワロタwwwwwwww
    資源の禁輸措置やハルノートも全く知らないんだろうな。
    あれをやられたら戦争しない方がどうかしてる。
    自分の家庭が日本、住んでる町が世界、町の商店がアメリカだとして考えてみろよ。
    何も売ってくれないから何も買えないんだぞ。馬鹿外人共は家庭菜園で自給自足の生活するのか?。普通は家族を守る為に戦うだろ。
    それが国家間で起こったから戦争したんだ。

  67. はべのん より:

    おまえらだって日本のアニメに敵うわけないのにRWBYみたいなアニメ作ってるじゃん?
    負けるとわかってても戦わなきゃいけない時があるんだよ

  68. はべのん より:

    戦前の日本の選択肢が誤っていたんだね。
    前提として、日清・日露戦争の成功体験があり、これが判断を狂わせた。
    世界大恐慌の波は日本に押し寄せて、日本は不況脱出に満州進出を狙った。
    1 関東軍が暴走(柳条湖事件)して、満州事変を引き起こしたこと⇒国連脱退へ
    2 日本軍が盧溝橋事件をおこして支那事変を引き起こす⇒日中戦争へ
    3 ドイツと同盟を結ぶ(三国軍事同盟)⇒米国を激怒させる
    4 真珠湾を奇襲して日米開戦へ⇒太平洋戦争
    この四つの選択肢において、日本が誤った選択をしたのが、最大の原因 !

  69. はべのん より:

    誰も総力戦でアメリカに勝とうなんて思ってなかった。
    初戦でアメリカにダメージを与え、ドイツがロシアを屈服させたら、講和できると考えてた。
    目論見が外れただけ。

  70. はべのん より:

    ルーズベルトの策略にハマったのが大きい。アメリカも失業や人種差別など大問題の国だった。ドイツとの戦争に参戦したくて日本を利用した!アジアの独立や共産圏との対立など誤算も多かったはず。

  71. はべのん より:

    石油と資源を止められると、な
    もはや米しか無くなる。
    ドイツの勝ち馬に乗りたかったというか意見は否定しない
    もう少し様子見して独ソ戦の勝敗を横目で見るべきだった

  72. はべのん より:

    ※66
    石油禁輸もハルノートも日本が散々欧米から非難されたのに満州事変以降も
    日中戦争を泥沼化させて中国を侵略し続け
    仏印にも進駐して欧米の植民地にまで手を出し始めたことが原因だぞ

  73. はべのん より:

    日本の指揮系統事態がグチャグチャで統制取れてなかったし
    まずアメリカ側から禁輸措置とハルノートぶつけてきたやん
    ハルノートの内容知ればあんなん宣戦布告の同義
    日本としては最初に打撃を与えてハルノート撤回の有利な条件で停戦が理想だった
    まぁ完全に読まれて敗北したわけだけどな

  74. はべのん より:

    当時の国際情勢を考えればアメリカの見当違いが招いた結果なのは明白
    戦後に朝鮮戦争、ベトナム戦争で間接的に日本の代わりにソビエトと戦ったのがそれを証明している。
    結局日本が中国、満州から撤退しなかった理由を実際に自分たちが身をもってわかるようになるまで気付かなかったことが一番の問題。
    そしていまだにそのことを認識していないから、間違い続けている。
    日本から見れば敗戦後、ずっと求めていた帝政ロシアから続くロシアの脅威から逃れ経済発展でき、日本という国を安定に導けたのは皮肉な話

  75. はべのん より:

    戦争って、どっちか片方だけが悪いって話でもないよね。自分達の国は少しも悪くない!悪いのは向こうの国だ!って言うのは、なんか少し滑稽な感じがする。
    どっちもそれなりに幾つか、悪い部分はある筈なんだから。
    日本人だからって日本を肯定できない。だって、国が始めた戦争だし、戦争に行きたくない人、いっぱいいっぱい居ただろうし。
    そして、戦争に向かわなければならないのを仕方なかった事なのだとして、戦争に行く前に訓練やら実験やらで、お偉いさん共に、命を物のように雑に扱われ、戦争に行く前に、亡くなった人も、沢山いる訳で、それを思うと日本人だからって日本を全肯定する事は出来ないな。
    まだ自分が全然生まれてないような昔の事で、自分には、全く関係ないんだけど、もし、自分がその時代に男として、存在していたなら、自分は間違いなく、命を物のように扱われない側、人扱いされない側だろうからね。

  76. はべのん より:

    ※75誤字すみません。
    ×命を物のように扱われない側
    ○命を物のように扱われる側
    アメリカ人は悪いのは日本だ、アメリカは悪くないとか言う人が結構多くて、滑稽だよね。なんか、洗脳されてるみたいで、正直気持ち悪い。

  77. はべのん より:

    アホ外人ばかりか

  78. はべのん より:

    所詮、日本は負け犬なんだよ。
    負け犬が何を弁明しても狡猾なだけ。
    敗者に発言権など無い。
    愚かな先人の政治家や軍人を恨むわ。

  79. はべのん より:

    結局何の為に進行して行ったかだよ
    アジアの平和の為か?地位向上の為か?それとも欧米諸国と同じ用に自国の利益の為だけの侵略か?
    植民地にされた国の人が日本の植民地時代は良かったと言ってる人が大勢いるのも事実なんだよな

  80. はべのん より:

    >79
    その全部じゃないかな。
    現場の施政官はかの地に良かれと事を成した人が多かったと思うよ。
    台湾ブルネイは有名だよね。

  81. はべのん より:

    日本は悪くないって思ってるやつ多すぎて草

  82. はべのん より:

    ※81
    は?
    悪いに決まってんだろうが。
    負けちまったんだからな。
    次は勝つ。
    お前のような寄生虫は日本からおん出して祖国にたたき返してやるw

  83. はべのん より:

    東條首相なんかも石油を何とかしようと人造石油の製造開発急がせてたよね。技術者が開発が遅れてると報告した時も、石油が無いからと盗みに行くわけには行かないから開発を急げと指示した程。満州でも石油調査してたが当時の技術力では発見出来ずに同じ場所からソ連の協力により中国が掘り出したよね。大恐慌が戦争の原因だよ。あと人種差別

  84. はべのん より:

    どうして戦争が始まったかってことや、それぞれの国が理由があって戦争を決めたってことこそ
    知るべきだと思うんだよな
    二度と繰り返さないって、そういうことじゃないの

  85. はべのん より:

    奴隷になるか無理を承知で相手に殴りかかるか。
    ただそれだけだろ。

  86. はべのん より:

    戦争を望んだのはアメリカ側であって、日本は必死に和解の道を探っていた。
    そこへアメリカは日本に対してハルノート(日露戦争前の状態まで戻せ)って
    無条件降伏を叩きつけたんだ。

  87. はべのん より:

    ※82
    負けたから悪いってアホかな?

  88. はべのん より:

    アレクシス・ダデンとか、キャロル・グラッグスみたいな、研究者としてはもちろん、人間としても屑というべき癌が、アメリカ歴史学会にいて影響力を持ってるうちは、アメリカひいては世界中に氾濫してる戦勝国プロパガンダにすぎない歴史観の、無知で忠実な信望者たちの洗脳を解いて目を覚まさせるのはまだまだ無理だろう。

  89. はべのん より:

    抵抗しなけりゃ植民地でしょ。
    逆にききてーわ。
    「アメリカ人は自分たちが間違ってたとは1ミリも思わないの?」って。