amezaiku

飴職人の手塚さん(27歳)はおそらく日本に残る最も若い飴細工職人の一人でしょう。 飴の成形から色付けまで彼は独学で学びました。飴細工の歴史は数百年前からありますが、 現在東京でこのキャンディアートを継承しているのは彼とおそらくもう一人だけ。 手塚さんはこの金魚やカエル、タコなどの美しい飴細工を貴重な文化として次の世代に伝えるのが 自分の仕事であると言っています。




・日本は何でこんなにクールなんだ


・少し前にこのお店のカエルをプレゼントでもらったことあってね! まだ開けずにそのままおいてあるよ。もったいなくて食べられない。


・もし僕だったら、やはり食べないと思うね。そのまま飾って眺めていたい。


・↑いや、見て楽しみ、食べることでこの芸術への理解と尊敬の意を表すんだと僕は思うよ。


・↑食べたら是非感想を聞きたいねえ。


・ええー、やっぱり食べちゃうの?!


・美しく細工したのに結局は食べてなくなってしまうなんて、ちょっと悲しい感じよね


・↑そうすればまたお客が買いくるんだから、商売としてなりたつんだよ


・キャンディ細工職人か、これは真面目にすごいぜ。


・日本の文化を知ることができて、それを売っているんだからね。


・まさしく職人芸だ


・日本の文化はユニークですばらしいよな


・私ならやっぱり食べられないかな。壊してはならない気がする。


・ちょっと待ってくれ、彼は独学でこの芸術を学んだんだって?


・僕が知っているなかで一番カッコいい仕事だよ


・ステキな仕事ね。彼と結婚したいわ!


・ネットで調べたら飴細工はもともと中国からきたらしいけど?


・彼の仕事をしている姿はとてもかっこいいね。子供に戻った気分で この繊細な仕事をそばでじっと眺めていたいよ


・猫ちゃんのがかわいい!でもやっぱり食べられない!


・この繊細な仕事をするためには忍耐が必要なんでしょうね


・↑忍耐って、動画の中で彼は飴細工の動物を一つ作るのに5分だと言ってるよ


・おれはこれを見て思ったんだ。すごく大変な仕事でたとえそれが形に残らないものであっても それを続けることが大切なんだってね。


・日本人の人生観は見事なものだと思ったよ。


・とてもきれいだね。でも飴は美味しいのかな?

https://www.youtube.com/watch?v=DW9Y0aIKXeY