wonderown





1941年の『オールスターコミックス』#8に初登場[2]。著者はウィリアム・モールトン・マーストン。1986年に一時連載が中断されたものの、2007年現在もDCコミックから出版されている[3]。 本名はダイアナ。身長182.8センチメートル、体重74.8キログラム。髪の色は黒、瞳は青[4]。 特殊能力は、高い耐久力と怪力、亜光速での飛行能力、動物とテレパシーで意思の疎通ができる、など。伝統的な武術を知り抜いており、剣、斧、弓術を会得している。卓越した戦術家であり、外交官でもある。魔法の投げ縄を所有しており、輪に捕らえた者に真実を告白させる事ができる。両手首に装備した銀の腕輪は、弾丸などの投擲武器等を弾く能力がある[5]。以前は飛行能力は持たない設定であり、透明飛行機を所有している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3


・このワンダーウーマンの予告編は素晴らしい


・かっこいい!


・映画で女性の地位向上を行う方法がまさにこれだよ。


・↑えっとそれは・・・戯画じゃなくて本当の人間のように描いてるってこと?


・ザック スナイダーが監督じゃないのが嬉しいね。ちょっと期待してる。


・う~ん、良さそうだけど・・・。性別が変わっただけのキャプテン・アメリカ(最初のやつね)を見てるみたい。


・↑それは楯を使ってるから?それとも戦争の設定だから?


・↑個人的には気にしないね。戦争の英雄は皆好きだからね。この手の映画大好き。このトーンと、おおっ!弓を持ったままでオーバーヘッド:D最高!


・私が見たかったDC映画だ。こういったの最近観てなかったな。


・興味が沸いてきた。


・バットマンVsスーパーマンの前にこの映画が公開されたら良かったのに。


・バトルフィールド1DLC?


・かなりカッコいいと思う。DCの世界が地上に降りて来たらいいのにね。
マーベル方式はちょっと薄着だし、もう少しダークな要素が必要かも。
私はバットマンVsスーパーマンはかなり楽しめて〔彼は楽しめなかったなんて!〕今度究極版を観ようと思ってる。3時間はちょっと長いけどね。


・ギャルの英語は全然良くないけど、バットマンVsスーパーマンに比べたら100倍良く見える。