噂に聞く日本の玉子はそんなに違うの?【海外の反応】

kintama


「日本では玉子を生で食べる習慣があるが、お腹を壊したり何かの病気になったりはしないのか?半熟ふわふわオムレツを作って食べた時にお腹がいたくなった。しかし半熟の目玉焼きを食べてもならない。これは生の白身に原因があるのではないか?」

・日本の玉子は明らかにすばらしい。安全大国、日本だぞ、汚い外国のものとは違うぜ。

・↑スレ終了~

・ほとんどの発展した国では、鳥にワクチン接種をするから玉子にサルモネラ菌は事実上いないよ。

・もしアメリカで生玉子からのサルモネラ菌を心配してるなら殺菌済みのものを買うといいよ。

・サルモネラ菌とは関係ないけど、日本の玉子は値段やブランド関係なく黄身がすごく濃い黄色だった。
去年自分の国に帰ってオーガニックの玉子を見たら、黄身が青白い黄色だった。
この違いが何かはまったくわからないけど、なぜか青白い黄身は食べたいと思わなかった。

・↑餌に何かがあるんだわ。ここカナダのケベック州のスーパーのは青白くてネオン色の黄色なの。
2012年に朝食付宿泊所で働いてた時に、めんどりがいたけどその玉子の黄身は濃いオレンジ色だった。
その仕事を辞めてから、またスーパーの玉子を食べることに抵抗があったよ。スーパーのは病弱な玉子なんじゃないかって思う。

・オーストラリア人だけど、僕たちの玉子も同じだよ。完全に火を通さなくても大丈夫。

・↑別のオーストラリア人だけど。自分はオーストラリアの玉子を生では食べない。安全じゃないって知ってほしい。
そんなに昔の話じゃないけどメルボルンにいる友達が生玉子でマヨネーズを作ったんだ。そこにはどうやらサルモネラ菌が混入していて
それを食べた人たちは病院に運ばれたって。

・アメリカ人は鶏肉製品や鶏卵からの菌に対して心配しすぎなんだよね。
川崎市の養鶏場に週1で犬の散歩がてら玉子を買いに行ってたけど、その玉子の黄身は確かにアメリカのものより濃いオレンジだった。
日本のスーパーで買った玉子はアメリカのと同じ色だった。えさが関係してるとは思えないけど、ひょっとしたらそうなのかもしれない。

・↑私の両親が日本に来た時に熱く語ってた。「日本の玉子は私が小さかった頃の玉子みたい。」
 通常の玉子の黄身はオレンジであるべきで、病気っぽい黄色ではないみたい。

・↑アメリカでも放し飼いの鶏の玉子を買うことができるよ。加工もほとんどされてないし黄身もオレンジだよ。

・↑黄色い玉子は手が加えられてて悲しい。飼育の時点でいろんなことをしてるだろうし。。。

・私はアメリカでも日本でも生玉子を食べるけど一度も病気になったことはないよ。サルモネラ菌は確かに存在すると思うけど心配するほどでもない。
日本は他国よりも、衛生的な設備で厳しく管理されているからそう思うかもだけど、日本の玉子だけにサルモネラ菌がいないわけがない。
サルモネラ菌は玉子の殻についているから、割る時に気をつけなかったり、触った後に手を洗わないと病気になるかもよ。

・↑サルモネラ菌は10年前まではデンマークでも問題だった。でも今はそんなに大きな問題ではないよ。
扱い方や製造過程を変えた事でリスクを低くしたんだ。サルモネラ菌は殻だけについているっていうのは間違いだよ。
実際は中にもいる。サルモネラ菌の種類にもよるよ。鶏の卵管にもサルモネラ菌は入ることができるし、そこから玉子に移行することはある。

・僕はアメリカ出身だけど、生玉子で育ったよ。少しお金をたせばオレンジのやつをゲットできるよ。
アメリカの玉子も殺菌消毒されているから問題ない。
日本の玉子はアメリカのより賞味期限が長い。それは日本の玉子は生で食べられることを想定して販売してるから。
サルモネラ菌は殻から中身に移動するけど、それには時間がかかる。玉子は安全だよ。食べなさい。

・単純に日本では、玉子をアメリカよりよく洗っているから。アメリカよりも低い数だが、日本でも毎年サルモネラ菌が原因で病気になったという報告もある。
生玉子を食べるのは普通のことだ。ただアメリカの玉子が日本の玉子よりも汚いだけ。

・↑違うよ!日本とイギリスではあまり玉子を洗ってないらしい。鶏は玉子を産む時に玉子に抗菌性のコーティングがされた状態で産む。
このコーティングで玉子を悪いものから守られる。アメリカでは洗ってこのコーティングをこすり落としてしまうけど、日本やヨーロッパではあまりこすりすぎない。
だからアメリカ人はむしろきれいな玉子を売ってるんだよ。

・玉子を洗ったらコーティングがはがれているから、冷蔵庫にいれないとバクテリアが玉子の中に入りやすくなってしまう。
だからアメリカでは玉子を冷蔵庫に入れるけど、イギリスではいれないんだ。

・NHKの番組で玉子加工場に取材に行く番組を見たことがある。
厳しい品質管理がされていて、洗練された装置で玉子についたわずかなひびなども見つけ出すことができる。
だから日本のスーパーの玉子はめちゃくちゃ安全なんだ。

・アメリカでは玉子をよく洗う。日本では洗わない。

・↑これよく意味が分かる。いつも不思議に思ってたんだ、なんでアメリカでは玉子を冷蔵庫に入れるけど日本では入れないのか。

・日本は洗浄するんじゃなくてワクチン接種をするんだ。だからラーメン屋さんで生玉子が籠に入っておいてあるんだ。
冷蔵庫に入れる必要がないんだよ。

・東京で売ってる玉子は常温だよ。

・スーパーではいつもメタルの棚に並べてある。冷蔵庫に入ってることはまずない。
(でもみんな買ったら家では冷蔵庫で保存する。)

・↑最近はそういうの見ないよ。私がいく店ではみんな玉子は冷蔵庫に入れて売られている。

・玉子の黄身、砂糖と少しのブランデーを混ぜるとおいしいお菓子が作れる。

・↑知ってる!小さい頃によく食べたよ、サルモネラ菌が怖くなかった時までは。
そして鳥インフルエンザが出てくるまでは。生玉子が混ざったお菓子はもう食べない。

https://www.reddit.com/r/japan/comments/4utsdz/are_eggs_really_different_in_japan/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はべのん より:

    混ぜすぎ

  2. はべのん より:

    黄身の色は餌に影響されるしな
    黄身の薄目な旨い卵もあるよ

  3. はべのん より:

    >日本の玉子はアメリカのより賞味期限が長い。それは日本の玉子は生で食べられることを想定して販売してるから。
    これ、「アメリカの玉子は日本のより賞味期限が長い」の誤訳でしょ

  4. はべのん より:

    黄身の色は餌で決まり、色が濃いから良い悪いは無い、って知らないんだな。
    結局、濃い黄色のイメージが良いから、そういう色になる様飼育してるらしいが、色と品質はまた別問題。

  5. はべのん より:

    殿下のことかと思った

  6. はべのん より:

    毎回この話題してんだから
    めちゃ洗浄
    めちゃ消毒
    めちゃ中身検査
    してる動画見せてやればいいのに
    海外の人でも動画知ってる人結構いるでしょ

  7. はべのん より:

    色づけのためにエサにサフラン混ぜたりするらしいね。

  8. はべのん より:

    日本が特別っていうよりアメリカがサルモネラにビビりすぎなんだろ?
    ヨーロッパでも生や半熟で食う地域はあるってのに

  9. はべのん より:

    産みたて卵で卵かけ御飯食べさせる新鮮さを売りにした店があるんだけどヤバイのかな?

  10. はべのん より:

    多分だけど、事実・真実とかはどうでもよくて、議題は何でもいいからとにかく議論をしたいだけなんじゃないかな。

  11. はべのん より:

    何十年も前のことだけどヨーロッパでサルモネラ菌による集団食中毒が何件も起きて、原因を調べたら生卵が原因だったということがあった。
    当時のヨーロッパでは生卵の衛生管理が杜撰でヒビが入った生卵や鶏糞塗れの生卵が何週間も放置されてから卸されたり、古い生卵と新しい生卵を混ぜて販売したりされていた。
    そのため各国政府が生卵からのサルモネラ菌食中毒の注意喚起を促すような状況になり、イギリス首相が記者会見で我が国では卵を生で食すことができないほど汚染されたと嘆いた。
    このことで欧米諸国では生卵は毒という意識が一気に広まり現在に至っている。
    ちなみにアメリカでは日本から進出した鶏卵業者が日本の管理方法で生卵を生産販売しており、生でも食べられる安全な卵として人気が出ている。

  12. はべのん より:

    だし巻き用とかお菓子用とか丼用とか生食用の卵作ってる会社の特集見た時餌で黄身の色が変わるって言ってたな
    薄い黄色だからってまずいとか古いとかそんな事はないみたいよ

  13. はべのん より:

    >・ほとんどの発展した国では、鳥にワクチン接種をするから
    え?数千羽の鳥にワクチン打ってるの???
    つか、玉子を割らずに洗浄する技術が優れてるってだけのハナシだと思うけどなぁ。

  14. はべのん より:

    カクテルにエッグノックとか卵使うレシピ結構あるのにねー
    ミルクセーキとかも飲むのにねー

  15. はべのん より:

    保管方法は温度差が敵なんだよ
    スーパーで冷やしてしまうと持ち帰るまでに卵に水滴が付いて、そこから雑菌が繁殖する。
    よって、スーパーで常温→家庭で冷蔵保存って訳。

  16. はべのん より:

    >最近はそういうの見ないよ。私がいく店ではみんな玉子は冷蔵庫に入れて売られている。
    冷蔵の卵どうやって持ってくるんだろう。汗かいたらダメになりやすいのに。

  17. はべのん より:

    「卵」と「玉子」を使い分けてくれるとありがたいっす…

  18. はべのん より:

    ああ、ミルクセーキなんかかなり昔っからあったよね。
    あと卵黄の味噌漬けとか日本料理でも昔っからあったけど、
    白身の生食って昔からあったのかな?白身について言及あるから気になった。

  19. はべのん より:

    一番危ないのは牛乳だよね

  20. はべのん より:

    サルモネラ菌じゃなくて鮮度の問題だと思うが

  21. はべのん より:

    玉子と卵の違いって何?調理されたものが「玉子」なのかな

  22. はべのん より:

    生卵のサルモネラ菌のせいで食中毒にかかり、極度の脱水症状でアポロにぼろ負けするロッキーバルボアとか、見たくないね

  23. はべのん より:

    餌にパプリカ混ぜるとオレンジ色になるんだっけか?w
    だから青白いのも味は変わらないよw

  24. はべのん より:

    ※21
    ランとタマゴの違いかと思われ

  25. はべのん より:

    実は元スレのコメントにある、オーガニックの青白い黄身が一番体に良いのではないだろうか・・・

  26. はべのん より:

    いや洗ってるから…何を根拠にドヤ顔で語ってるんだろう…

  27. はべのん より:

    黄身の色は餌で変わる
    青いの喰わせると青い黄身になるぞ

  28. はべのん より:

    エサにサフラン?
    1個何万円の玉子を作るつもりだ

  29. はべのん より:

    ※3
    致命的ミスで草
    これはいかんでしょ。

  30. はべのん より:

    水で洗浄すると水分と一緒にサルモネラ菌が殻の内部に浸透してしまうんだよ
    卵を冷蔵庫に入れないほうがいいのは結露によって外殻に付着していたサルモネラ菌が卵の内部に入り込む可能性があるから
    冷蔵庫の扉についてる卵置き場とか実は家電メーカーの無知による危険な構造だったりする

  31. はべのん より:

    高く売るためにワザと黄色になる飼料を使う業者もいるね
    あまり毒々しい黄色だと食べる気も失せる

  32. はべのん より:

    ※13
    エサにワクチンを混ぜてるんだよ
    ただしそれでも卵管内にサルモネラ菌がいた場合は汚染の可能性があって完全に安全とは言えない

  33. はべのん より:

    数千羽の鳥にワクチン打ってるの???月間出荷100万羽だよ、数千羽ってとこも
    あるけど。ワクチンは打つよ、当たり前。注射だけじゃないよ、飲み水、目薬、とても
    いろんな種類のワクチンをいろんな方法で与えている。餌には抗生物質を入れてるし。

  34. はべのん より:

    外人ってほんと無知なんだな
    黄身の色や付加する栄養価は与える餌である程度コントロール出きるのだよ

  35. はべのん より:

    卵と玉子。玉子は当て字で特に違いがないが、カエルの卵って普通だが、カエルの玉子
    とは書かない。そういや、トリニクも鶏肉と書いたり、鳥肉って書いたりするね。まあ、カモ
    とかスズメとか食用の鳥は鶏だけではないが。

  36. はべのん より:

    なんか色々誤解があるな
    常温で置いてるのは回転が早いからこそで、冷蔵の必要が無い訳じゃないんだが

  37. はべのん より:

    ※35
    女なら排卵の卵とかで字面的にかなり違和感あるんじゃないかな?と憶測

  38. はべのん より:

    ※36
    買ってから家帰るまで常温にさらされるわけだから、あらかじめ冷やしとくとタマゴ内の空洞(ゆで卵にしたら凹むとこ)に結露が起きてどうのとかなんとか

  39. はべのん より:

    >毎回この話題してんだから
    > めちゃ洗浄
    >めちゃ消毒
    >めちゃ中身検査
    >してる動画見せてやればいいのに
    >海外の人でも動画知ってる人結構いるでしょ
    そんな面倒なことをやらない昔から、生の卵を飲んだり食ったりしていた。
    今だって、家でニワトリを飼っている人はそのまま食べるぜ。
    どう説明するのさ。

  40. はべのん より:

    *35
    調理する前の生の状態が卵(レシピでも「全卵」表記だったり)で、調理すると玉子になるって聞いたことある

  41. はべのん より:

    ※40
    料理本で全卵、卵黄、卵白などと表記するのはそれが的確だから。
    玉子は殻まるまるのイメージ。卵はカエルの卵ってイメージ。
    調理されたものは既にオムレツとか卵焼きとかになってるから。

  42. はべのん より:

    米国の養鶏飼料は、ほぼトウモロコシのみ。
    トウモロコシのみで生産された卵は黄身がレモン色、そして生臭い。
    米粉で育てるとごく薄い黄色の無臭に近い卵になる。
    エビやカニの殻、カイガラムシから採った色素などをえさに混ぜるとオレンジ色に

  43. はべのん より:

    パプリカ食べさせてオレンジにしてるんでしょ
    産みたて卵買うけどオレンジじゃなくて綺麗な黄色の黄身してる
    卵かけごはんや半熟が食べれない外国は嫌だなあ
    日本でも自宅ではみんな冷蔵庫保存してるでしょ

  44. はべのん より:

    黄身の黄色は、トウモロコシに含まれるカロテノイド色素ってやつ
    さらに黄色を濃くするには、パプリカやマリーゴールドを加えてるそうな
    欧米の卵は、エサが麦なので淡い黄色になる
    ちなみに、どんな色でも栄養価には影響ないらしい

  45. はべのん より:

    ショートケーキとかのスポンジ焼くときには薄い色の卵使ったりするよ
    カステラみたいにまっ黄色だと美味しく見えないケーキもあるからね

  46. はべのん より:

    >39
    その頃は1個1個食べる前に洗ってた。外国でもワイヤーの専用の卵入れとかあってだな・・・。冷蔵庫が無い時代は基本常温管理だからその日使う分を洗って台所に置く。

  47. はべのん より:

    しかし卵かけご飯ってシンプルだけど、しょうゆと絶妙な味のバランスでうまいんだよね。
    外国人にもこの美味さがわかるとはちょっと驚き。
    でも日本人は海外の生卵を食べるのはかなり勇気がいるな。

  48. はべのん より:

    洗浄・消毒など管理状態が良いのに加えて、
    日本は流通が優れているので卵が新鮮なんだよね

  49. はべのん より:

    日本でも毎年サルモネラ菌による食中毒が発生していますが、鶏卵に由来する菓子によるものが多いそうですね。

  50. はべのん より:

    *41
    個人的なイメージを念押しされても困るw
    全農のHP見たら調理前、調理後の概念で合ってたよ

  51. はべのん より:

    外人・生卵・サルモネラ菌
    飽きた

  52. はべのん より:

    ※25
    別にそう言う訳でもない、餌の違いでしかない。赤っぽいのはパプリカとかを餌に混ぜてるだけ。
    色が薄いのは餌が小麦とかトウモロコシだけだからそうなるの、その気になれば無駄にマーブル模様の卵とかも作れる。

  53. はべのん より:

    日本でもゴシゴシ洗ってるはずだけど?

  54. はべのん より:

    NHKじゃなくとも査察団とかシルシルでもやってたような。
    しかし元スレはなしの収集つかないなwどんな国からの書き込みなんだろ。

  55. はべのん より:

    日本の卵に食中毒菌がある確率は30000分の1
    食中毒になるのは毎日1個ずつ生卵を食べていても80年以上で1回有るか無いかというレベル
    ※49
    個人で食べる場合は1個ずつだがお菓子で使う場合には大量の卵を混ぜて使うことが原因
    一度に30個使うなら食中毒の確率は1000分の一程度まで下がる
    さらにたくさん作られた菓子をたくさんの客が買って食べるから感染者の数も増えて集団食中毒になる

  56. はべのん より:

    カルシウム補給でエビやカニの殻食わせたり、貝殻食わせたりしてるんだよ。
    卵はヒヨコになる為の物で、中身は無菌状態、サルモネラ菌は外側、
    放し飼いにするとやつらバッタなどの昆虫も喜んで食う。
    基本的にカロチノイド系の餌食うと黄身が赤くなる。カニ・エビ・ニンジン・トマト・・

  57. はべのん より:

    色の違いはエサが違うから
    日本人が黄身の濃いほうが好きなので赤い色素のエサを食べさせてるだけ
    あと殻の色も、国によって好みが違うから、それぞれの消費者の好む色の殻のタマゴを産むニワトリを飼育してる
    ヨーロッパでは青っぽい色の殻のタマゴが一般的って聞いたことがある
    日本では赤っぽい殻のタマゴが好まれてるみたい
    そして見た目と栄養価はぜんぜん関係がない

  58. はべのん より:

    ワクチン?抗生物質じゃなかったか

  59. ヨードちん○ より:

    昔は、今ほどオレンジ色じゃなかった。
    ヨード卵何とかいう赤茶色の玉子がオレンジ色で高級感あったよね。
    そしたら20年ちょっとくらい前に猫も杓子もあっと言う間にオレンジ色の黄身になったな(笑)
    右に習えって日本的だなって思ったよね。

  60. はべのん より:

    鮮度だな、箸で割っても黄身が壊れない。
    それに殻を割って落とした時、黄身の立体感がハンパ無い。

  61. はべのん より:

    外人のコメントが色々とトンチンカン言ってるのが可笑しいw

  62. はべのん より:

    黄身の色は餌が影響している。パプリカみたいな色素を混ぜているよ。とうもろこしのカロチンだけだとあんなオレンジに絶対ならない。薄い色が本来の黄身の色。ちなみに、餌の中、とうもろこしや大豆にサルモネラ菌は入っている。魚粉なんてもちろん入ってる。日本では定期的に鶏舎の拭き取り検査している。卵を洗うときは卵より低い温度で洗わないことが大事。低い温度で洗うと卵表面の菌が中に入り込む。

  63. はべのん より:

    岡山だったかな?
    卵かけご飯専門店があったはず。
    しかも、お代わりし放題・食べ放題だったはず。
    まだ有るのかな?
    確か、養鶏?鶏卵?の農家さんが経営してた。

  64. はべのん より:

    日本では逆に米食わせて黄身を白くした卵を付加価値付けて売ってるな

  65. はべのん より:

    鮮度だろうね。賞味期限間近は日本でも生では食べない方がいいよ。

  66. はべのん より:

    アメリカみたいにトウモロコシ主体にすれば黄色っぽくなるし、日本はパプリカの粉末を入れてるからオレンジがかる。

  67. はべのん より:

    牡蠣と一緒で加熱前提と生前提の差だろ。
    新鮮な卵なら海外でも問題無いのかも知れないが
    取り扱いが生食前提を配慮されていない以上
    日本以外で生卵を食べようとは思わない。

  68. はべのん より:

    アメリカカナダで売られてる卵の賞味期限が1か月近くあったの見たときはビックリした

  69. はべのん より:

    まぁ市販の卵みるとなんかなって感じがする
    日本の卵の殻薄すぎる、完全なカルシウム不足でなんとも言えん
    オーガニックだと殻をボールとかぶつけてもほんと割れにくい色は薄い黄色
    でもなんでだろうな玉に市販のオレンジ色をみると食いてぇと思ってしまうのは

  70. はべのん より:

    サムネがケツに見えた

  71. はべのん より:

    ※68
    日本の卵も生食しなきゃ1ヵ月経ってても大丈夫だぞ

  72. はべのん より:

    日卵協のHPでも見てくればいいのに
    お湯とか次亜塩素酸ナトリウム溶液とかで殺菌してる
    賞味期限は日本の場合生食用で10度C以下の保存が基準

  73. はべのん より:

    ※70
    おれも

  74. はべのん より:

    アメリカが玉子のサルモネラにうるさいは、過去に大事件があった事が起因してると思う。
    大手鶏会社が劣悪な環境での鶏飼育によってアメリカ全土に渡る食中毒事件があったんだ。
    元々殺菌をあまりしないので今でもサルモネラ食中毒は多いみたいね。
    まぁもともと生で食うのは日本くらいだしw
    ※ロッキーで生卵飲んでたのは向こうの人に取っちゃかなりの事

  75. 匿名 より:

    日本の養鶏場じゃ卵を一つ一つ丁寧に拭いてるんだよね
    あれ知ったら卵は安すぎると思うよ