index


小中高校の教育内容を定めた学習指導要領の改訂案が1日、固まった。 小学校5~6年生で外国語(英語)を正式教科にするほか、歌やゲームなどで英語に親しむ「外国語活動」の開始を3年生に早める。 高校の地理歴史科を再編し、小中高の全教科にアクティブ・ラーニング(能動的学習)を導入するなど、時代の変化に応じた新しい学びの姿を打ち出した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HCC_R00C16A8EA1000/  

●早いうちから暗記を始めよう。


●先生たりるの?


●一応いるよ、実際に英語を教えることができる先生は少ないだろうけど。


●英語教育についての訂正発表をたまにこうやって聞くけど、いつも問題の答えはだされないまま。 いったい誰が公立の小学校で正式に英語を教えるの?古株の先生方が今から英語の猛勉強?


●文部科学省は職務記述書の内容をすでにちゃんと変更したの?


●文部科学省はいつも新しい試みについて話すけど、方法までは言及しない。


●↑あなたの意見に賛成。でも政治家も公共団体もみんな一緒でしょ?私はすごく嫌だけど、あまり気にしてる人はいない気がする。 東京都知事選でもそうだったけど、候補者はいつもすばらしいマニフェストを掲げるけど、じゃあどうやって?ってとこまでは説明しない。


●↑私がALT(外国語指導アシスタント)をしていた時、「あなたならできる!」っていうビデオを見させられたよ。 そのビデオは英語に自信がなくても英語は教えられる、っている内容のドラマだった。


●日本人教師はいつも私のような外人のALTに教室にいてほしかったみたい。英語を教えるの不安?


●私が働いていた市は英語指導に関して資料がいろいろそろっていたけど、他の市の学校は大丈夫なのか気になる。


●↑あなたはたぶん中学校の話をしているんじゃない。いくつかの学校でALTとして働いていたけど、ALTの利用の仕方は地域によってさまざまだった。


●ALTの役目は授業にゲームなどを取り入れて英語を楽しく学べるようにすることだと思ってるけど、そういう狙いを理解せず授業を進めていく教師はALTを有効に利用しているとは言えない。


●↑私が説明したビデオの話は小学校の話。そのビデオは小学校5,6年の教師の為に作られたものだった。


●どうかカタカナを英語で教えてあげて。


●次は何?信用できないトイックの代わりに、就職面接でスピーキングテストを取り入れるつもり?


●狂ってるよね?


●ここまで来るのに長かった。。。今後はテストで使える英語じゃなくて生活の中で使える英語を指導する事を祈るよ。 2週間しか日本に滞在してなかったけど、日本人の英語のレベルが低くすぎてショックだった。


●そうなの?私は2020年から3年生から英語が必須科目か何かになると思ってた。


●小学5,6年で英語が算数や国語のように正規にカリキュラムに組み込まれるとは思えない。たぶん1週間に1時間とかじゃないかな。


●あんまり意味ないんじゃない。やる気のない子供も、それなりしゃべれるようになるかもだけど。目に見える成果が得られるような学習プログラムではない。


●まずは英語をしゃべれる教師を確保して。英語を教えるすべての教師は英語圏で最低2年間勉強するべきだ。


●その必要あるのか?日本人は便利なカタカナというものがあるんだから、すべての英語にカタカナ表記をすればいいんだ。 彼らに、完璧な英語をしゃべったりテストで好成績をとる事を期待する必要はない。


https://www.reddit.com/r/japan/comments/4vqlht/english_to_become_official_course_from_5th_grade/