日本が居酒屋を生んだ理由はなんだろう【海外の反応】

.index

今回3度目の日本訪問中に気づいたんだけど、日本にはたくさんの小規模ビジネスが存在している。5人で満席のバーや、8人しか入れないレストラン、秋葉原にある1㎡の広さの電子系のお店とか。東京は特に物価が高めだしたぶん家賃も高いと思う。
こういった日本の小規模ビジネスの経営者は果たして本当に十分な利益を得ているの?得ているとしたらどうやって?僕の住むオーストラリアでは、こういった小規模ビジネスの経営者は相当苦労しなければ利益を上げるのは難しい。どうして日本ではこういった小規模ビジネスが成り立っているのかすごく興味がある。

●自分もいつも不思議に思ってたんだよね。自分がよく行くバーでは常連さんが多くて、内装にはあまりお金をかけていなかった。
壁には穴があいてたし、バーによくある業務用製氷機とかそういう特別な器具とかもまったくないお店だった。

●経営者が仕事を掛け持ちしてるっていうのはよく聞く話だよ。外人のバー経営者の友達は英語の先生をやりながらだったり翻訳の仕事をしながら店をしてる。

●小さいバーなら理解できる。ドリンクの料金もそこそこするし、席チャージとかもある。不思議なのは秋葉原の電機系ショップだよ。あんな小さなスペースで安価なものを売ってるだけでどうやって利益をだしてるんだろ。

●↑最近では、ほとんどのこういった店はオンラインストアも持ってるんだ。

●たくさんの小規模ビジネスは税金対策の為。

●↑どういう事か詳しく説明してくれる?

●↑架空の経費明細をでっち上げれば支払う税金が低くなる。でもちゃんと合法に営業してるところもあるよ。

●小さくてもいいからビジネスを立ち上げれば、私的なものでもすべて経費で処理することができるらしい。インターネット接続料や携帯電話使用料、食事代(クライアントとの食事代として)なども。以前に金持ちの年配の男性に勧められたけど面倒だからしてない。

●1.買い物はだいたいコンビニでして、スイカで支払う。
2.スイカを駅でチャージしてレシートをもらう。
3.必要経費として計上。
4.利益となる。

●↑続けられるのは監査が入るまでの間だけだ。

●僕の義理の母は小さな居酒屋を経営している。自宅の1階で6人分のカウンターのある小さな店だ。週に3日だけアルバイトがいるけどそれ以外は一人できりもりしてる。
低価格な店なので1日の利益は$200~300くらい。キープボトルも利益を上げるアイテムの一つだよ。ボトルをキープしてる人は毎回サービスチャージ$5を支払うシステム。

●↑キープボトルの存在を初めて知った!すごくいいアイデア。私の行きつけのバーでもキープさせてくれたらいいのにな。

●こういう小さい店の経営者はだいたい他にも大きなビジネスをしてたりする。自分の趣味の為に小さな店を持ったりするんだ。

●私もいつも思ってたんだ。週末はそこそこいたとしても平日は1人か2人しかお客さんがいないお店結構あるよね。意外に長い間経営してるお店が多い。渋谷のど真ん中にもこういう店ある。もしかしてそのビルのオーナー?って思ったりもするけど大体の場合そんなわけない。私はボストン出身だけど、ボストンとはまったく違うわ。

●僕の知ってる何人かのバー経営者は完全に趣味って言ってた。プラスにはならないけどマイナスにもならない程度の売り上げだって。
彼は昼間の仕事も持ってるよ。

●ベトナム人とタイ人の女性が高田馬場でベトナム料理の小さな店を経営してるけど、彼女たちは週7働いてる。調理も配膳もすべて自分たちでやってる。

●↑自分も高田馬場に住んでるけど、こういう店結構ある。よく行ってた弁当屋が最近閉店したんだけど、そのオーナーは朝7時から夜の8時まで週7働いていた。

●新宿駅の中にある服屋の存在が不思議。駅内店舗の家賃って高そうだけど。
その店大したもの売ってなくて、バイトの女性の給料が出るほど服が売れてるのを見た事がない。でもつぶれないんだよなぁ。

●↑日本の場合はわからないけど、トロントにも地下鉄の駅内にこんな感じの服屋があるの。すごく小さい店なんだけど。その店に入ってくお客さんはバスを待ってる間の暇つぶしの人か、緊急事態が起こってどうしても必要だから、少しぐらい高くても買っちゃうって人が多い。

●こういった店の目的は税金対策だ。旦那さんがドライクリーニングの会社を経営していて、奥さんが服屋をしてる。旦那さんが儲けてても奥さんの店が赤字なら、プラマイゼロになる計算。

●私の経験から、だいたいこういう場合はビルのオーナーで家賃がいらないパターン。それかマネーロンダリング中。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はべのん より:

    ヨーロッパにはバルあるし

  2. はべのん より:

    いつも通りの妄想合戦ごくろうさまです。

  3. はべのん より:

    居酒屋文化はいいんだけどアルハラとか飲めない奴はダメ、みたいな風潮が酒苦手な俺にはツライ、楽しく飲みたいんだよ
    海外ではどうなんだろ?

  4. はべのん より:

    また知ったかの想像で適当なこと言ってるよ…

  5. はべのん より:

    世界ふれあい街歩き(NHK)で、スペインのバレンシア見てた時、間口の狭い小規模な店が沢山並んでいて、日本みたいだと思った記憶がある。

  6. はべのん より:

    舛添問題の時、サラリーマン以外は、笑ってたんじゃないかな。
    どうかんがえても同じようなコトしてる自営業者が万単位でいるしね。
    僕も個人事業主だけど、ゆるゆるだから。

  7. はべのん より:

    何で外人はいつもこんな議論をしているんだろう?

  8. はべのん より:

    実際人付き合いが上手で、美味しいもの出す店は小さくても続く
    うちはビル持ちで店何個も貸してる方だけど、小さい店でも続く店は続くし、続かない店は続かない
    確かに経費の点では個人分と事業分が適当だけど、甘い気持ちでやったら潰れるのが普通
    家賃いらなくて自分ちでやってるところ以外は結局は経営者次第だね

  9. はべのん より:

    少なくとも、居酒屋は江戸時代からあるからね(もっと昔からあるかも)。

  10. はべのん より:

    理由なんて千差万別

  11. はべのん より:

    4と5はヴィーガン

  12. はべのん より:

    とても簡単な話だ。利益を上げるために経営しているわけじゃない、ってことだ。
    人さまの役に立ちたい、あそんでブラブラするのは申し訳ない、苦労してでも喜んでくれるお客がいるならそれがうれしい・・。労働が卑しいことであることから脱却しきれていない西欧と、ハタラク、周りの人のためになるという社会性に意義をもつ日本の働き、この違いです。

  13. はべのん より:

    定年後、人に雇われるのは嫌、制服着たり時間どうりキッチリすんのも嫌、収入はこずかいが稼げればいいって人が一定数いるんだよ。店舗付き住宅とか売りに出てた小さい物件を買って自分の好きな店を出す。税金や色々払って時給無視して自分の儲けが3~5万だったとしても・・。それでも楽しかったらOKって人知ってる。

  14. はべのん より:

    常連のお客様が来てくれる、又来るよと帰って行く
    辞められません

  15. はべのん より:

    外人って本当にバカだよなww
    よく知りもしないことに関して、背伸びして「分かった風」な意見ばっかり出して
    滅茶苦茶な結論に行き着くww

  16. はべのん より:

    常連さんがついてるから潰れないのよん
    昔個人経営のバーでバイトしてたけど客の8割が常連さんだったな

  17. はべのん より:

    そりゃあ、そとでお酒を呑む習慣があるからじゃないの?

  18. はべのん より:

    日本語が出来ないから本人から聞くこともできないw

  19. はべのん より:

    毎度のことだが実情を知ってる本物の日本人がいないのによく妄想でスレが繁盛するなぁ

  20. はべのん より:

    税金払ってないからだよ

  21. はべのん より:

    台湾や香港にも同じ様な店や屋台がある。日本だけじゃないぞ。

  22. はべのん より:

    交通機関が発達してる東京以外では夜の繁華街は青息吐息だよ。
    全ては福岡の飲酒運転死亡事故からだ。
    昔はよかったなぁ、ビール片手に運転してもだ~れも文句言わなかった。

  23. はべのん より:

    脱税を話題に上げているのは、中韓系の感じがする。
    彼らなりの発想では「こうでなければ筋が合わない」
    そうだ「脱税だ」が自然な論理なのだろう。

  24. はべのん より:

    外国人たちのコメント。ああいうのも唯物論的思考っていうのかね?人が行動する理由は金銭にしかないと思っている。日本人的な感覚では心のあり方が貧困で下品だけど、そういう文化の中にいれば仕方ないのか。
    ソースもないことをもっともらしく語り合って共有して、(大勢がそう思っているから)それが真実だと思い込むのもいつもながらの彼らのやり方だしね。

  25. はべのん より:

    しかしホント、適当な妄想で適当に断言してるねw
    1人もまともに日本の事情や思想を理解してる人間がいないという・・

  26. はべのん より:

    結局答えは何なん

  27. はべのん より:

    ※24
    趣味でやってる云々も書いてあるじゃん
    思い込みで書いてるのはお互い様じゃね?

  28. はべのん より:

    スペインやイタリアには居酒屋に相当する、お酒と美味しい肴を提供する飲食店があるやん。

  29. はべのん より:

    人口密度の問題だとは思うけどね

  30. はべのん より:

    舛添さんのことをサラリーマン以外は笑ってたって発想の奴はまさに下衆の勘ぐりだよ
    自営だからこそ笑えないわ あんなのが通るなら幾らでも節税の名の下に脱税できるわって
    おまえと一緒にすんな

  31. はべのん より:

    日本人は安定した仕事に就いててもどうしてもこじんまりした飲み屋やら喫茶店をやりたかった…って人結構いるよね
    海外にはいないのかね

  32. はべのん より:

    ※12
    >とても簡単な話だ。利益を上げるために経営しているわけじゃない、ってことだ。
    いくらなんでも赤字ではやってけないよ。
    自分や従業員の給料、仕入れ代を賄わなくちゃ。
    お花畑すぎませんかね?

  33. はべのん より:

    ※32
    お前がお花畑。
    現実は本業で利益出ちゃった、でも連結会社の飲食業で赤字だからトータルで赤字で
    税金ゼロが普通。
    最近は本業も赤字だから縮小傾向だけど