.index

日本の財務省は、今年の10月か11月から貸付金利ゼロにすることを、主要銀行と協議している。 1月に行われた日銀政策決定会合で決定した「マイナス金利」も今年2月から導入されている。

http://www.trunews.com/article/it-has-begun-japan-is-proposing-zero-percent-bank-interest


●もっと簡単に説明してもらえるかな?



●↑銀行でローンを組んだとする。返済する際に利息は一切つかず借りた金額だけを返せばいいんだ。 君がお金を借りてビジネスを拡大すれば、理論上では全体的な歳入や賃金引上につながるとみている。



●↑へーこれがほんとだったらすごく良いね。



●↑これは通常インフレの状況でするもんだけど現状デフレ状態。その場合そんなに簡単にはいかないよ。



●↑で、日本の経済はどうなるの?



●↑経済が再度上向きになることが望ましいけど、現実的に考えると20数年分後ずさりしてるんじゃないかな。 日本は深刻な人口減少問題をなんとかしないと。。。



●↑この状況って円の価値下がるの?もしこの政策によって国内のお金の流通がよくなりインフレにつながっっても?やっぱり円の価値は低い?



●↑僕の貧弱な理解からすると、安部首相は金銭投入して現在の経済状況を改善しようと試みてるけど、今のところあまりいい影響は見られていない。



●どういう意味かちゃんとわかってる?君の預金した金にも利子がつかないということだ。ある程度の預金がなければローンを組むのは難しいだろうね。



●↑だな。株投資でもしてない限りな。アメリカでは低金利な状況での株投資が増えてる。1990年代頃から銀行に預金することは賢明ではないと言われてる。



●日本の銀行はほんと利子つかないよね。1年以上でついた利子がソファの間から出てきたコインより少なかった。



●僕は経済学者ではないけど、もしローンができればお金が世に出回って、インフレが起こり物価が上がる。みんながお金を使い、経済が上向き、賃金が上がり、みんなインフレを実感する事ができるはずじゃない。



●↑日本の銀行でローンを組むのが簡単ならね。日本の銀行は無担保ではローンは組んでくれない。利子がなくても、まずローンが組めるのか?っていう問題がでてくる。



●↑そうだね、でもそれって今に始まったことじゃない。銀行は2011年から利率0%、今年前半にマイナス金利政策を開始した。 貸した金額よりも返済額が低いという事は銀行にとって打撃であり、そのせいで貸付業務に消極的になる。 短期間で見れば、政府はマイナス金利政策によって財政上の圧迫を軽減できるかもしれないが、もし負債をこのまま積み上げていくのであればとても危険だ。



●低金利は通常経済にとっては非常に良くないことだ。



●↑高収入の労働人口が多い場合だけ、低金利政策は経済停滞の改善に効果的だよ。 日本政府は大企業に対し低金利政策を開始してからしばらくたつ。 経済の向上の為に労力を費やしているが、彼らは自分たちが思い描いた結果にはいたっていない。ほとんどの経済学者はこの意見に同意しているよ。



●過去25年間の日本の金利レートに注目したことある?今更何も変わらない。



●↑頑張ってるのになぜ。。。



●今問題にする事ではない。日本ではすでにマイナス金利政策を開始してからしばらくたってるよ。



●↑金利ゼロになって影響が大きいのは銀行じゃなくて口座保持者だよ。”マイナス金利政策を開始してから日本の銀行は個人借入主への融資を抑えている。”って元記事に書いてある。



●金利をとらなくなったら銀行はどうやって生きぬくの?



https://www.reddit.com/r/japan/comments/4xwpny/it_has_begun_japan_is_proposing_zero_percent_bank/?sort=confidence