.本

村上春樹以外であなたの好きな日本人作家は誰?その理由も教えて。

私は村上春樹が大好きで彼の作品はほとんど読んだ。好きすぎていつか彼の作品を読みつくしてしまう日が来ると思うと怖い。他の日本人作家の本も読んでみて、村上春樹とは少し違う感じだけど簡便性と上品さがありとても感動した。吉本ばななは最高だったし、村上龍も最近夢中になっている作家の一人。太宰や谷崎、夏目漱石なんかも読んだし、もうすぐ三島由紀夫の作品にも挑戦しようと思ってる。


●桐野夏生の「グロテスク」と「OUT」はどちらも素晴らしい犯罪小説。2番目に好きなのは村上龍。「ピアッシング」「オーディション」「イン ザ・ミソスープ」は素晴らしい。


●↑「OUT」最高!


●↑僕もちょうどこの二人の名前をあげようとしてたところだよ。2人とも本当に素晴らしいよ。


●↑「OUT」めちゃくちゃ好き。いつもみんなに薦めてるよ。桐野は最高。


●太宰治の「人間失格」は悲しい話だ。悲壮な人生の中で書き上げた彼の作品をもっと読みたいと思っているが未だに機会がない。


●安部公房の「砂の女」がたぶん私の一番のお気に入りの本。今まで読んだ本の中で一番ひねりのある内容、男女の心理をうまく描いた作品だと思う。


●↑「カンガルーノート」読んだことある?この本はすごく不気味な感じだけど。男の脛にかいわれ大根が生えてくるっていう説明から始まるところが好き。


●↑読んだことない。絶対読んでみる。考えてみれば「砂の女」がこんなに好きなのに彼の他の作品を読んでなかった。薦めてくれてありがとう!


●日本人作家の本はたくさん読んだことはないけど、「バトルロワイヤル」はすごく楽しめた。


●知的な小説ではないかもしれないけど支倉凍砂の「狼と香辛料」がすごく好き。中世の話だけど騎士や戦いメインではなく、商人や村人の話なんだ。


●三島由紀夫の「春の雪」。完全なる苦痛と欲望が美しい。「人間失格」も同じような理由で好き。吉川英治の叙事詩も楽しめるけど、彼らのように深くはない。


●大江健三郎は好きな作家のうちの一人だよ。三島由紀夫も好き。「仮面の告白」と「金閣寺」は本当に素晴らしい。彼の政治的活動は別として。


●村上龍の名前を書いてる人がいてうれしいよ。「ピアッシング」「限りなく透明に近いブルー」「イン ザ・ミソスープ」は素晴らしい作品だ。


●ちょうど大江健三郎の「万延元年のフットボール」を読み終えたところだけどすごくおもしろかった。彼の比喩のチョイスがとても興味深い。


●「武州公秘話」など谷崎潤一郎が好き。不気味で色情的な話。


●私は吉本ばななと村上春樹はあまり好きじゃない。彼らのスタイルは読んでいて無生物っぽくて誠意を感じさせない。村上春樹の作品は西洋でのウケを意識している感じがすごくする。少数派の意見だと思うけど。


●↑村上春樹についての意見わかるような気がする。日本人作家の小説をまだたくさんは読んでいないけど、彼の描写は西洋人にウケる感じに書かれてない?今東野圭吾の小説を半分まで読んでいて、中村文則の作品も読んだところだよ。


●「心」はとても良い本だよ。


●安倍公房、川端康成、紫式部。 石黒一雄も好きだけど彼は日系イギリス人だよね。それと江戸川乱歩も好き。彼は間違いなく素晴らしい作家で、僕はあまり思わないけどたまに「日本のポー」と呼ばれたりする。


●田中芳樹の「銀河英雄伝説」全10巻が最近英語に翻訳され始めたんだ。西では最初の2巻までが発売され、3巻は予約開始された!


●安部公房の「砂の女」と三島由紀夫の「春の雪」。


https://www.reddit.com/r/books/comments/4yxdsk/whats_your_favorite_japanese_book_thats_not_by/