ninnpu

国際社会調査プログラム(ISSP)が実施した調査によると、日本人の夫は世界でもっとも家事育児をしないのだそうです。また九州・山口地域の男性は家事関連に携わる時間が全国平均より短く、妻は夫に比べると約7倍働いているというデータがある、とも。佐賀県・宮崎県・山口県の3人の現役知事が、妊娠7カ月相当の7.3kgの妊婦ジャケットを着て、普段どおりに生活。仕事をしたり、買い物や洗濯、食器洗いなどの家事をしたりすることで、妊婦さんの大変さを少しでも理解しようという試みのようです。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0928/pou_160928_8992138041.html


●パパを早く会社から帰宅させてあげたらもしかしたら家事に積極的になるかもしれないよ。


●もしかしたらこれって日本の就労スタイルが変わっていくっていうサイン?


●そんな兆しはない。


●実際ボスの許可がでず家に帰れなかったりする時みんなどうしてるの?


●それか社会の中でのプレッシャーがそうさせない時。もし定時に帰ったら同僚から怠け者扱いされるかもしれない。


●そんなやつらほっとけ。


●まぁね。でも問題はなぜ仕事が永遠に終わらないかって考える前に定時に帰る人にキレるやつがいることだ。


●男性が家事を手伝わないとか言ってる前にもっと託児所を増やしたらいいんだよ。


●てかなんでこんなに少ないの。


●託児所をするほど十分な子供が集まらず、経営が安定しないから増えないって聞いたことある。


●そんなことない。少ない託児所にたくさんの人が待機してる。


●託児所を増やせば夫婦の負担も減るのに。


●親がもっと子供のお手本になったらいいのよ。息子にも小さい頃から料理を教えるとか、男も家事をする事を覚えさせる。


うちの子は男の子だから料理に興味ないのよって息子に教えない人たちをたくさん見てきたわ。


●もし男のシェフにお金を払うのに問題がないのなら、彼らの息子が料理を習うことになんの問題もないはず。


●まさにそのとおり。


●帰りが遅くなった時とかいったいどうやって家事が手伝えるの。会社の付き合いで飲んで帰った時は?


●奥さんが妊娠していようがいまいが家事に消極的な人は消極的だよ。


●香港やシンガポールでポピュラーな東南アジアからのベビーシッターを雇う感じにしたらいいんじゃない。そしたらお母さんも出産後にすぐ職場復帰できるし問題は解決する。


●もっと血圧をあげて、吐根を食べさせて、靴をもっと小さいのに変えてあげたら、もっと妊婦感を体感できるできるよ。


●ホント。辛いもん。


https://www.reddit.com/r/japan/comments/55bj6z/japan_governors_wear_pregnancy_vests_to_urge_men/?sort=confidence