nara

奈良の平城宮跡からペルシャ人の役人の名前が記された木簡が見つかった。 1,000年以上前の奈良にペルシャ人の役人がいた証拠になる。

1960年代の発見当時、この木簡に書かれた文字を肉眼で読み取ることはできなかったが、 今回、赤外線撮影の結果、役人を養成する「大学寮」でのペルシャ人役人の宿直に関する勤務記録で、役人は数学を教えていたのではないかと考えられている。

この発見は奈良時代の日本はこれまで考えられていたより国際的であることの裏付けとなる。

奈良文化財研究所の渡辺晃宏氏は「奈良は国際色豊かな都市、外国人に対しても対等だったのではないか」と コメントしている。

・当時彼は日本のビザを持ってたってことだよね。クールだ。


・これは興味深いね!ずいぶんと彼は遠いとこから来てたんだ


・実際、古代は交流がさかんだったのかもしれないね。確証はできないけど、 少なくともあやしい情報でもなさそうだ


・ワオ!確かに古代日本と古代ペルシャのアートには共通性があるんだよね!


・奈良の正倉院には古代ペルシャのガラスの器や楽器も保管されているんだよ
当時たくさんの人がシルクロードを通って日本に来ていたのも十分に考えられるさ


・つい先日はローマのコインが沖縄で見つかったってニュースがあったね


・俺の在留カードをどこかに残しておき、それが1000年後に発見されたらどうなるかな?


・日本は他のアジアの国々と比べたら国際的だったんだよ。徳川の時代まではね。


・これが本当だとして、今の時代に何か違いをもたらすのか?


・古代ペルシャは豊かな文化と知識の中心だったとも言えるね。


・この間、奈良の近くの湖に行ったとき、現在のイランの方角を見て餌を食べている鳥を見たんだ。
これも国際色豊かだって言える?


・これを読んだみんな、それって外国人が対等だったという証拠になるって思う?


・↑対等だったかどうかは、あくまでも憶測だよ


・少なくとも当時の奈良でペルシャ人は重要視されていたと思うんだ。
1000前の奈良政府は数学や天文学の知識を学ぼうとしていたっていうこと


・で、その役人がアフターファイブに同僚とカラオケを楽しんでいた、という証拠はもう出たの?


・平安時代の平家はペルシャ人だったという説もあるしね。
秦氏も外国人でユダヤの失われた10氏族の一部とも言われてるよ。


・そのペルシャ人もやっぱし日本で「お箸の使い方が上手ですね~」とか言われてたのかな?


http://www.japantimes.co.jp/news/2016/10/05/national/history/research-uncovers-evidence-ancient-japan-cosmopolitan-previously-thought/#.V_ZuaeiLTIU https://www.japantoday.com/category/national/view/ancient-japan-more-cosmopolitan-than-thought-researchers